スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文明と文化の狭間に生きて

表記のタイトルでブログを開設した頃から諦観が先に立ってやる気も失せてしまったが、結局西洋人が心と身体を一時的に離す事により近代文明を発達させ、日本人は逆に近代文明により無理矢理に心と身体を引き離され一億適応障害に陥ったと言うのが正しいようだね、開国により日本文明は滅び、以来日本人は文化に逃げ込んでしまったみたいだ。
柳田国男は和魂洋才に対する警告として和魂和才を追究していたみたいなもので、我々は和魂洋才で言ってる事とやってる事がチグハグになったって訳だ。
ご多聞にもれず我が家も近代文明の均質化の波をもろに受けて家族はバラバラ、自分はボロボロになり、国はチグハグになったのだ。
以前柳田国男を研究していた時、柳田国男の所謂、史心、内省、実験が自分の昨日、今日、明日が過去、現在、未来にダイナミックに合流すると表現していたが、個人の問題を相対化して限りなく普遍的な問題にまで発展させ、再び自分に戻してみるという日常の作業が不可欠なことが理解出来る。
柳田国男は哲学は敬遠すると言いつつ実に哲学的に覚醒しているのだ、詰まり彼は哲学とは哲学史ではなく自分で考える事であると理解していたに違いない。
結局日本人人はマクロコスモスと繋がる哲学が無いから正義だとか善悪だとか絶対的な概念が無いのだな。
國男自身は和魂洋才とか和魂和才とか、史心、内省、実験は、過去、現在、未来と同じだとか書いていない、日本人の悪い所は教科書に出ていない事は信じない事だ、大事なのは自分の頭で考える事だよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japangalapagos

Author:japangalapagos
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。